あいたたな管理人のためのマトメ公式HP 「2ch MOKEMOKE」
    2chのまとめが主なVIPでの動き監視役
    くだらないニュースを垂れ流す暇人用HPです。
    「2chMOKEMOKE」の読み方は「にちゃんもけもけ」だよっ
    相互リンク 相互RSS絶賛募集中

    【科学】


    1 ガーディス ★ 2018/05/07(月)
    ID:CAP_USER9.net

    ■原子力発電所や養殖場など、億単位の被害も

    日本では、エチゼンクラゲの大量発生が数年前から深刻な問題となっている。しかしクラゲの種類は違えども、大発生とそれに伴う経済的な被害は地球規模の問題のようだ。そしてそんなクラゲをなんとか商用利用できないかと、模索する科学者もいる。

    クラゲの大量発生は、世界各地で深刻な被害を引き起こしている。日本やスコットランド、イスラエル、米国フロリダ、スウェーデンなどの原子力発電所で、大量に発生したクラゲが取水口に詰まり、運転の一時停止を余儀なくされたと、これまで何度も複数のメディアで報じられてきた。

    また、BBCによると北アイルランドでは2007年、猛毒を持つオキクラゲが大量発生して、アイルランド唯一のサケ養殖場で10万尾以上が死滅。100万ポンド(約1.5億円)の被害を出した。

    BBCは2012年、「最も異常なクラゲの大量発生」の事例として日本でのエチゼンクラゲ被害を挙げ、「重さ220キロ、直径2メートルにもなる冷蔵庫サイズ」のクラゲが日本海に大量発生して、漁業で数十億円の被害を出していると伝えていた。

    一方ガーディアンは2013年、1平方メートルあたり30〜40匹のオキクラゲが数キロにわたって、地中海の海岸を覆い尽くしたと伝えていた。地中海沿岸ではこの他にも、サルデーニャ島やシチリア島、地中海東側のイスラエルやレバノンなど広い地域で打撃を受けているという。

    今年5月5日にも、マルタ島の東海岸一面が「紫色のカーペットのよう」になるほどオキクラゲが大量発生した。マルタ・インディペンデント紙によると、通常は5月下旬から6月上旬に発生することが多いらしい。

    ■捨てるクラゲ、お金を生まないだろうか?

    そんなクラゲをなんとか商用利用して利益を生めないかというプロジェクトが、今年1月にヨーロッパで始動した。8カ国、15の組織から集まった科学者40人強が、「GoJelly」(ゴージェリー)というプロジェクトを立ち上げたのだ。

    ドイツのキールにあるGEOMARヘルムホルツ海洋研究センターを拠点とし、欧州連合から4年間で600万ユーロ(約7.8億円)の資金提供を受け、クラゲを活用できる商品の開発を目指す。

    米月刊誌ポピュラー・サイエンス(電子版)によると、ゴージェリーが目指しているのは、通常なら漁師の網にかかってそのまま捨てられてしまうクラゲを、人が自ら捕まえてきて売りたくなるような、利益を生む商品を開発することだ。そうした人たちからゴージェリーがクラゲを買い上げ、再利用するのが目標だ。

    プロジェクトではさらに、海のプラスチック汚染にも取り組みたい考えだ。というのも現在、海を漂うマイクロプラスチックが世界的に深刻な問題になっているが、クラゲの粘膜がマイクロプラスチックを吸着できることが分かったのだ。下水処理の段階でクラゲの粘膜を活用すれば、マイクロプラスチックが海へ流出するのを防げるかもしれないという。

    イスラエルにあるハイファ大学の海洋生物学者ドロール・エンジェル氏が今年2月、クラゲの粘膜を採取してテストを行ったところ、結果は良好だったようだとポピュラー・サイエンスは伝えている。

    ■環境問題の解決や美味しいお菓子など

    ゴージェリーは他にも、クラゲを肥料や魚の餌などとして活用したり、クラゲのコラーゲンを使ってアンチエイジング化粧品を作ったりする方法も探るようだ。クラゲを肥料として活用する方法は、これまでも日本の科学者が研究に取り組んだ実績があり、養殖魚の餌としては、中国の科学者が研究した実績がある。

    また、アジアとは異なりクラゲを食す文化がない欧米だったが、ゴージェリーは食への活用にも積極的だ。エタノールに漬けてから乾燥させて「クラゲ・チップス」を作ってみたり、チョコでコーティングしたお菓子を作ってみたりしているらしい。

    クラゲがなぜここまで大量発生するのか、という問題については、明確なことは分かっていない。前述のガーディアンは、地球温暖化、魚の乱獲、そして防波堤の建築(クラゲの幼生の住みかとなる)など、人間が影響を与えていると指摘している。

    全文はこちら
    元画像URL:https://amd.c.yimg.jp/amd/20180507-00010005-newsweek-000-1-view.jpg:
    sponsor::ホームページ作成サービス「グーペ」を使うと。。。
    no title


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180507-00010005-newsweek-int
    日本における商用利用のケース
    http://kisyoku.info/kurage2.htm
    元画像URL:http://kisyoku.info/kur12.jpg:

    no title

    37 名無しさん@1周年 2018/05/08(火)
    ID:ajJGa6RJ0.net

    >>1
    実はIPS細胞が作れるんだけど内緒にしとくわ(笑)
    2 名無しさん@1周年 2018/05/07(月)
    ID:kxJzKcPN0.net

    10年前に報ステでやって失敗してただろーがw
    21 名無しさん@1周年 2018/05/07(月)
    ID:4/1FWoKA0.net

    >>2
    だからどうした?
    【【科学】海月(:]ミからなにか役に立つものが作れないか7.8億円の資金提供を受けクラゲ商品開発のプロジェクトスタート 】の続きを読む


    1 ガーディス ★ 2018/04/23(月)
    ID:CAP_USER9.net

     米国で13年か17年ごとに大量発生する「素数ゼミ」が、周期の異なる種間で交配していたことを、京都大などの研究チームが遺伝子解析で突き止めた。素数である13と17の年周期をもつ種が出会うのは、最小公倍数の221年に1度しかないが、交配の痕跡が残されていた。周期の謎に迫る手がかりになるという。

     英科学誌ネイチャーの関連誌に発表した。素数ゼミは、米東部などで大量発生する7種がいる。13年と17年のいずれかの周期で発生を繰り返すが、地域によって発生のタイミングが異なり、ほぼ毎年米国内で大量発生が起きている。集団間の競合を避けるために、出会うタイミングが少ない素数周期で進化したとする説があるが、詳しい理由は解明されていない。

     研究チームは、7種を4個体ずつ集めてそれぞれの遺伝子の一部を分析。13年ゼミと17年ゼミが過去に交配したことを示す、交雑の形跡が初めて確認できた。

     交雑でできた子孫は、発生周期がずれて、同じ集団内の仲間の子孫との出会いのチャンスを逃す恐れもある。だが、今回の分析から、交雑を経ても固有の周期がずれることはなく、10万〜20万年にわたって維持されていた可能性が高まった。発生周期のカギを握る未知の遺伝子が関与している可能性があるという。

     チームの曽田貞滋・京都大教授は「全遺伝子の解析を進めるなどして、なぜ周期がこれほど安定しているのかに迫りたい」と話している。

     論文の概要はサイトhttps://www.nature.com/articles/s42003-018-0025-7で見ることができる。(小坪遊)


    元画像URL:https://www.asahicom.jp/articles/images/AS20180423001653_comm.jpg:
    sponsor::ホームページ作成サービス「グーペ」を使うと。。。
    no title


    ※虫画像です
    元画像URL:https://www.asahicom.jp/articles/images/AS20180423001319_comm.jpg:

    no title


    木の幹に大量発生した素数ゼミの幼虫や羽化したばかりの成虫
    元画像URL:https://www.asahicom.jp/articles/images/AS20180423001337_comm.jpg:

    no title


    https://www.asahi.com/articles/ASL4N51TRL4NULBJ00Z.html
    21 名無しさん@1周年 2018/04/23(月)
    ID:m08fyfIc0.net

    >>1
    素数を研究するゼミかと思たw
    59 名無しさん@1周年 2018/04/23(月)
    ID:eJHpFhc+0.net

    >>1
    で、オマエらは何年交配してないの?
    9 名無しさん@1周年 2018/04/23(月)
    ID:+LYrNdQQ0.net

    自然数ゼミとか偶数ゼミもいたけど先に食われて絶滅した
    【【科学】素数ゼミ、221年に1度の交配確認 大発生の謎に迫る 】の続きを読む


    1 みつを ★ 2018/04/17(火)
    ID:CAP_USER9.net

    http://www.afpbb.com/articles/-/3171442?cx_module=latest_top

    2018年4月17日 14:24 発信地:タンパ/米国
    【4月17日 AFP】プラスチックを消化分解する酵素を偶然に作製したとの研究結果を、米国と英国の研究チームが16日に発表した。この成果は今後、深刻化するプラスチック汚染問題を解決に導く助けになる可能性があるという。

     世界の海に投棄されるプラスチックは毎年800万トンを超える。そのため、石油に由来するプラスチック製品の有毒な残留物が人の健康や環境に与える影響をめぐり懸念が高まっている。リサイクルの取り組みも進められてはいるが、大半のプラスチックは長期にわたって環境に残存する恐れがあり、研究者らはプラスチックを除去するためのより効果的な方法を模索し続けている。

     この問題の解決に向けて、英ポーツマス大学(University of Portsmouth)と米エネルギー省の国立再生可能エネルギー研究所(NREL)の研究チームは、数年前に日本で発見された自然環境に存在する細菌に研究の焦点を合わせた。

    「イデオネラ・サカイエンシス(Ideonella sakaiensis)」として知られるこの細菌は、プラスチック製容器に広く使用されているプラスチックの一種「ポリエチレン・テレフタレート(PET)」のみを常食とするとみられている。現在のプラスチックが発明されたのは1940年代のため、日本の研究者らは、この細菌が廃棄物リサイクル場でかなり最近に進化したと考えている。

     研究チームの目標は、サカエンシスが持つ酵素の一つ「ペターゼ(PETase)」の構造を明らかにして、作用の仕組みを理解することだった。しかし、査読学術誌の米科学アカデミー紀要(PNAS)に掲載の論文によると「チームは結果的にさらに一歩先を行き、PETプラスチックの分解能力がさらに優れた酵素を偶然作製した」という。

     研究チームは太陽の100億倍の輝度を持つ超強力X線を用いて、超高分解能の構造解析によるペターゼの立体(3D)モデルの作製に成功した。

    ■別の酵素のクチナーゼに似ている

     米サウスフロリダ大学(University of South Florida)とブラジル・カンピナス大学(University of Campinas)の科学者らが実施したコンピュータモデル化により、ペターゼが真菌や細菌にみられる別の酵素のクチナーゼに似ていることが示された。

     ペターゼにはクチナーゼと少し異なる部位があり、研究チームはこれがペターゼによる合成樹脂の分解を可能にする部位だとする仮説を立てた。そこで研究チームは、ペターゼの活性部位をクチナーゼにより近い構造になるように変異させたところ、この変異酵素が天然のペターゼよりも優れたPETの分解能力を持つことを予期せず発見したという。

     研究チームは現在、この変異酵素をさらに改良する研究に取り組んでおり、最終的にはプラスチック分解の産業的利用にまで用途が拡大することを期待しているとしている。

     論文の執筆者で、ポーツマス大生物科学科のジョン・マクギーハン(John McGeehan)教授は「基礎科学研究では、セレンディピティー(予想外の発見)が重要な役割を果たすことが多い。今回の発見もその例外ではない」とコメントした。(c)AFP
    5 名無しさん@1周年 2018/04/17(火)
    ID:ZcXd9scL0.net

    むしろプラスチックを作らない方向で
    7 名無しさん@1周年 2018/04/17(火)
    ID:fLPx0Ukr0.net

    マーガリンください
    12 名無しさん@1周年 2018/04/17(火)
    ID:982+HYU70.net

    消せる消しゴム以来の大発見だなこれは。
    【【科学】プラスチックを消化分解する酵素、研究過程で偶然作製米英チーム 】の続きを読む

    1 イレイザー ★ 2018/02/28(水)
    ID:CAP_USER9.net

     ヒトの精子、つまり、成人男性の小さき生殖細胞は、有性生殖には不可欠だ。精子には頭部、中間部、尾部があって、半透明のオタマジャクシのような形をしている。そのしっぽを鞭のように動かして、受精のために卵子に向かって泳ぐ。男性は1秒間に1500個の精子を作れ、1度の射精に含まれる数は2億5千万を超えることもある。

     生殖については、このようにさまざまなことがわかっているにもかかわらず、個々の細胞や組織の構造がすべて詳細に研究されてきたわけではない。

     しかし、低温電子顕微鏡断層撮影法(低温ET)という革新的なイメージング技術のおかげで、新たな事実が明らかになった。細胞を拡大して立体的に撮影できるようになったこの技術を精子に応用したところ、しっぽの先端部分に左巻きのらせん構造があることがはじめて明らかになり、2月9日付けの科学誌「Scientific Reports」で発表された。

     この発見によって、泳ぐのが上手な精子と下手な精子がいる理由が解き明かされたり、不妊症や避妊の新薬が開発できたりするかもしれない。

    「原生動物に関しては、研究されて多くのことがわかっていますが、ヒトの細胞に関しては、あまりわかっていないのです」と、今回の論文の主な著者であるスウェーデン、イエーテボリ大学の博士課程の学生ダビデ・ザベオ氏は言う。

    「そのままの状態で観察できる最高の撮影法」

     低温電子断層撮影法とは、電子顕微鏡をCTスキャンのように使う方法だ。単一の細胞、組織、器官など、急速に冷凍した生体サンプルを薄く切り、ナノメートルサイズの微細な物体を電子顕微鏡で撮影して、3次元的な画像を再構成する。サンプルを冷凍することで、乾燥せず、できるだけ自然に近い状態で調査できる点が強みだ。

    「基本的には、取り出したタンパク質の特徴を観察するだけです。ただし、今までの他の技術と異なり、撮影のためにいろいろと手を加えられていない画像を撮れます」と、論文の共著者である米コロラド大学ボルダー校のギャリー・モーガン氏は言う。「生きていたとき、そのままの状態で観察できる最高の撮影法です」

     実際には、通常の細胞だと薄切りにしないと、低温ETには厚すぎる。しかし、精子が泳ぐのに使う鞭毛(べんもう)、つまりしっぽは、先が細く十分に薄いため、この方法を応用できた。すると、鞭毛のおよそ10分の1ほどの終末部で、内側の壁に張りつく左巻きのらせん状の構造が見つかった。

     今のところ、なぜこの構造をもつのかはわかっていないが、著者たちの考えでは、しっぽが伸びたり縮んだりするのを防ぐ役割があるのかもしれない。また、卵子へ向かって泳ぐためのエネルギーを供給するのに役立つのかもしれないという。

     ちなみに、2012年に初めて精子の3D追跡を行ったときの結果では、ほとんどはまっすぐ進むが、中にはらせん軌道を描いて泳ぎ「動きすぎ」な精子があることがわかっている。

    全文はURL先でお願い致します
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180227-00010001-nknatiogeo-sctch
    元画像URL:https://amd.c.yimg.jp/amd/20180227-00010001-nknatiogeo-000-1-view.jpg:

    pic

    62 名無しさん@1周年 2018/02/28(水)
    ID:Kq6X0zKA0.net

    >>6
    逆に周りの奴らもっとヤバかった説
    9 名無しさん@1周年 2018/02/28(水)
    ID:d1X9HUyt0.net

    今時2億5万もとかエリート人種だろ。
    10 名無しさん@1周年 2018/02/28(水)
    ID:zXaCKTch0.net

    らせん力
    【【科学】ヒトの精子のしっぽに謎のらせん構造、初の発見 】の続きを読む

    1 岩海苔ジョニー ★ 2018/02/22(木)
    ID:CAP_USER9.net

    2017年の「人間とブタのハイブリッド胎児」に続き、2例目となるヒトと動物のハイブリッド胚の作製に成功したと、米国の科学者チームが発表した。今回作製されたのは、ヒト細胞を0.01%もつヒツジの胎児だ。


     4週が経過する時点まで育てられたこのヒツジの胚は、人間への移植を目的とした臓器作製に向け、一歩前進といえる成果である。

     米国では臓器移植待ちリストに連なる人が10分に1人の割合で増加しており、毎日そのうち22人が亡くなっている。米国内だけでも、心臓移植を必要とする人は10万人以上にのぼるが、実際に移植を受けられるのは1年にわずか2000人だ。

     こうした現状を受け、研究者らは人為的に臓器を供給できないか、様々な試みを行っている。3Dプリントで臓器を作る人もいれば、機械的な臓器の研究をする人もいる。キメラ(異なる2種の生物に由来する細胞をあわせ持つ生物)を作ろうというのもそうした試みの一つで、ブタやヒツジの体内で人間の臓器を育てる方法を模索している。

    ヒト細胞の割合が増えた

     キメラを作るには、ある動物の幹細胞を、別の動物の胚に導入する。幹細胞はどんな細胞にも成長できる細胞だが、これは適切に導入するのは非常に難しい処置だ。

     このとき胚のDNAを編集し、特定の臓器を作らないようにしておくと、導入された幹細胞がそのギャップを埋めることになる。こうして、たとえば生きたブタの体内で人間の肝臓を作ることが可能になる。

     2017年には、この手法を用いた研究者らがラットの体内でマウスの膵臓を育てることに成功し、さらにはその膵臓を移植することによって、糖尿病のマウスを治療できることを証明してみせた。その翌日、米ソーク研究所が、ヒトの幹細胞を導入したブタの胚を4週間成長させることに成功したと発表した。

     幹細胞の専門家らはこの成果を評価しつつも、ブタの胚がもつヒト細胞の割合(およそ10万個に1個)は、臓器移植に使うには低すぎるとしていた。

     そして先日、米カリフォルニア大学のパブロ・ロス氏のチームはテキサス州オースティンで開かれたアメリカ科学振興協会(AAAS)の年次総会において、実験の手法を工夫した結果、ヒツジの胚がもつヒト細胞の数を1万個に1個まで増やすことに成功したと発表した。

    「臓器を作り出すには、この数ではまだ足りないでしょう」とロス氏は言う。臓器移植に使用するには、胚の1%がヒト細胞でなければならないと、ガーディアン紙は伝えている。また免疫による拒絶反応を抑えるためには、ブタやヒツジのDNAから、彼らのもつウイルスを確実に取り除くための処置も必要となるだろう。それでも今回の研究は、実用可能な臓器作製に向けた進歩と言える。

    全文はURL先でどうぞ
    元画像URL:https://amd.c.yimg.jp/amd/20180221-00010001-nknatiogeo-000-1-view.jpg:
    sponsor::こんなに簡単!店舗向けホームページがすぐ始められる「グーペ」
    pic


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180221-00010001-nknatiogeo-sctch
    471 名無しさん@1周年 2018/02/22(木)
    ID:Ym1Fj0TF0.net

    >>1
    これが羊じゃなくてヤギと人間だったら古典的な悪魔のイメージじゃん
    わざとやってんのかよ

    キリスト教は何をやってんだ?
    31 名無しさん@1周年 2018/02/22(木)
    ID:s6tftgZo0.net

    これやばない?
    34 名無しさん@1周年 2018/02/22(木)
    ID:g6o6oxiB0.net

    アメリカは性奴隷つくってるのかすげえ
    【【科学】人間と羊のハイブリッド胎児の作製に成功...移植向け臓器作成に一歩前進 】の続きを読む

    このページのトップヘ